HYIP(ハイプ)に投資する前に読む注意点

ビットコイン投資を行っていくとHYIP(ハイプ)と言う言葉が出てくると思います。

  • 1日10%の利益
  • 1日5%の利益
  • 1秒毎に利益が出る

など甘い言葉に誘われてついつい投資してしまい、

大損するという事があります。

HYIP(ハイプ)に投資する前に一度こちらの記事を読んで頂いて気持ちを落ち着かせください!

まずは、そもそもHYIP(ハイプ)って何?

という事から考えていきましょう!!

ビットコインHYIP(ハイプ)とは?

そもそもHYIP(ハイプ)とは何か知らない事には投資するに値しませんよね?

HYIP(ハイプ)とは・・・

High Yield Investment Program」

のそれぞれの頭文字をとった物です。

日本語に訳すと

「高収益投資プログラム」

と言う意味です。

もちろん投資ですので、

元金保証はありません!!

HYIP(ハイプ)の特徴として、

少ない投資額で高配当を得られると言うメリットがあります。

しかし、ほとんどのHYIP(ハイプ)会社は短期間で閉鎖してしまうため、

ハイリスクハイリターン

です。

日利1%~多い所では日利10%などもあります。

1ヵ月でもかなりの利益を得ることができますが、

閉鎖してしまうと利益どころか、元金も回収できないという事になってしまします!

HYIP(ハイプ)に投資する前にもう一度考えてみてください。

HYIPとは  「高収益投資プログラム」の事です。ハイリスクハイリターンの投資です!!

ビットコインHYIP(ハイプ)は稼げるの?

HYIP(ハイプ)に興味を持った人の多くは稼げるのか?

という事が気になると思います。

結論から言うとHYIP(ハイプ)は稼げますが、

先ほども言った通り

「ハイリスクハイリターン」

です!

なぜハイリスクハイリターンなのかご説明していきます!

まずHYIP(ハイプ)の仕組みを見ていきましょう♪

ビットコインHYIP(ハイプ)の仕組み

ビットコインHYIP(ハイプ)会社の多くはポンジスキームが多いです。

ポンジスキームとは?
詐欺の一種です。
「集めたお金を運用し、その利益を出資者に還元する」
などと言っておきながら、
実際には運用せず、集めたお金の中から配当をし、
最終的には閉鎖し集めたお金を持って逃げる事です。

要するに計画的に詐欺を行っているのです。

なので、最初のうちは集めたお金の中から配当を支払うので回収はできますが、

ある程度集まったら突然サイトを閉鎖して突然持ち逃げしてしまします。

HYIP(ハイプ)会社の画面上にはどんどんビットコインが貯まっていても、

実際あなたのウォレットに入金されるまでは安心できません!!

HYIP(ハイプ)会社内にビットコインがある間は、

HYIP(ハイプ)会社の管理のもとにあるため出金停止などにより突然払い出されなくなることもあります。

ビットコインHYIP(ハイプ)で稼ぐ条件

  1. 誰よりも早く投資(投機)する
  2. 長期的に続いていて信用のできる会社
  3. 複利で回しつつ早急に元本を引き出す
  4. こまめに引き出す

などがあげられます。

最も大切な条件が

  1. 誰よりも早く投資(投機)する

です。

先ほども言いましたが、

ある程度集まったら閉鎖してしまう為です。

HYIP(ハイプ)への投資は

スピードが命

です。

例えば6ヵ月で閉鎖してしまうHYIP(ハイプ)会社があったとします。

1日目で知っていれば180日分の利益を回収できますが、

3ヵ月後に知ると90日分の利益しか回収できません。

日利1%だとすると、

初日から知っていた人は80%の利益を回収できていますが、

3ヵ月後の人は10%の損をしてしまったことになります。

なので、いかに早く知り、いかに早く投資する事がHYIP(ハイプ)で稼ぐ絶対条件となってきます。

最悪の場合投資した次の日に閉鎖なんてこともおこりえます・・・

また、なんの前触れもなく突然閉鎖されますので、

こまめな出金を心掛けてください。

欲をかいてすべて複利運用に回していると、

起きたら突然0になっている事もあります。

優良ビットコインHYIP(ハイプ)会社の見分け方

絶対と言う訳ではありませんが、

長続きするHYIP(ハイプ)会社には共通点があります。

  1. 金利が比較的安い
  2. 期限が限られている
  3. 長期間続いている
  4. 自動複利(再投資)機能がついている
  5. サイトがテンプレートじゃない

などがあげられます。

ひとつづつご説明していきます!

金利が比較的安い

HYIP(ハイプ)の特徴として金利が高い事が1番のメリットだとは思いますが、

以上に金利が高い所は間違いなくすぐに閉鎖します。

日利10%だとしたら、

10日間で元金が払い出されますがよく考えてみてください。

日本の銀行では年利0.04%以下なのです。

年間で預けたお金に対して0.04%しかつかないのが当たり前の世の中で、

日利10%も出すことはおかしくないですか?

たとえ日利1%だとしても、

年利では365%なのです。

普通ではありえませんよね?

HYIP(ハイプ)会社は集めたお金の中から配当を出しているため、

配当が100%になった時点で赤字となってしまうのです。

全てではありませんが、

配当が高いHYIP(ハイプ)会社は短期で閉鎖する傾向にあります。

期限が限られている

配当期限が無期限と言うHYIP(ハイプ)会社もあります。

無期限という事は永遠に配当が入ると言うメリットはありますが、

HYIP(ハイプ)会社は永遠に払い続けなくてはいけません。

よほどHYIP(ハイプ)会社が収益を上げる仕組み作りができていればあり得ますが、

日利1%を払い続けられるとは到底考えられません。

ハッシュフレアやジェネシスマイニングのように1年や2年と言う期限が切られているHYIP(ハイプ)会社の方が長続きしています。

ハッシュフレアやジェネシスマイニングの詳しい情報は下記の記事をご覧ください。

クラウドマイニングHashFlare(ハッシュフレア)登録方法

2017.06.27

クラウドマイニングGenesisMining(ジェネシス・マイニング)のやり方

2017.06.13

長期間続いている

やはり優良HYIP(ハイプ)を見分けるうえで、

長期間続いているという事は1つの見極め要素ではないでしょうか?

1ヵ月~6ヵ月以内に閉鎖するHYIP(ハイプ)が多い中で長期間続いているHYIP(ハイプ)は、

収益を上げる仕組み作りができているのでしょう。

しかし長期間続いているからと言って安心できるわけではありません。

もしかすると明日閉鎖されるかもしれないのです。

自動複利(再投資)機能がついている

HYIP(ハイプ)会社は少しでも自社に資金を残しておきたいです。

自動複利(再投資)機能がついていると、

出金されずにHYIP(ハイプ)会社内に資金が残り続けます。

これにより資金繰りが軽くなり長く継続することが多いです。

サイトがテンプレートじゃない

色々なHYIP(ハイプ)会社のサイトを見ていると、

あれ?このサイトの作りあそこと一緒だ!

と思う事があると思います。

HYIP(ハイプ)用のテンプレートが売られているのです!!

わざわざ1からサイトを作成するのには多額のお金が必要ですが、

テンプレートを使用すれば安上がりにできてしまいます。

初めから詐欺目的でHYIP(ハイプ)会社を運営する時に無駄に高いお金を払ってサイトを作るでしょうか?

一概には言えませんが、独自のサイトを作成しているHYIP(ハイプ)会社は長続きする傾向にあります。

最後に・・・

ここまで読んで頂いたあなたはHYIP(ハイプ)のリスクやHYIP(ハイプ)で稼ぐための条件が分かって頂けたと思います。

大半が詐欺目的が多いハイリスクハイリターンのHYIP(ハイプ)ですが、

条件さえ整えば莫大な利益を得ることができるかもしれません。

HYIP(ハイプ)に投資する前に、

一度深呼吸をして考えてみてください♪

無料プレゼント♪

この記事を友達にもシェアする




最新情報配信中
LINE@友だち募集中♪

【再現性100%】登録するだけでノーリスクでビットコインが無限に増やせる方法をすぐにお受取頂けます♪

更に、仮想通貨の最新情報やその他投資情報、お得な情報をLine@限定配信中!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です