ビットコイン(bitcoin)とは?

ビットコイン(Bitcoin)とは、P2Pネットワーク(個人同士)を利用して運用される仮想通貨(暗号通貨)の事です。

最近ブロックチェーンと言う言葉が様々な場面で利用されていますが、ビットコインはこのブロックチェーンを利用し管理されています。

仮想通貨と呼ばれるように、ビットコインと言う硬貨は存在しません。

インターネット上でデータとして存在しています。

Suicaや楽天Edy・nanacoなどの電子マネーとは異なります。

それではビットコインについて詳しく見ていきましょう。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)とは?

ビットコインは「仮想通貨」の一種です。

仮想の通貨なのです。

通貨という事でビットコインはお金なのです。

日本の「円」やアメリカの「ドル」中国の「元」などと同じお金である事に変わりがありませんが、

仮想と言うように現実に硬貨や紙幣があるのではなくインターネット上でデータとして存在します。

お金という事でもちろん単位もあります。

単位:BTC

1円や1ドルのように1BTC(1ビットコイン)と呼ばれます。

仮想通貨をわかりやすく

仮想通貨と言われてもイメージしにくいと思います。

一番イメージしやすいものは、オンラインゲーム内での通貨ではないでしょうか?

円を支払ってゲーム内で使用されている通貨を購入します。

その通貨を使用しゲーム内のお店でアイテムなどを購入することができます。

これが「仮想通貨」です。

 

他にも特定のサイト上のみで使える仮想通貨も存在します。

利用者に例えば1000ポイントを1000円で購入してもらい、

サイト内のサービスや商品を購入できるのも、そのサイトの仮想通貨です。

ビットコイン(Bitcoin)は何が違うの?

ゲーム内の仮想通貨や、特定のwebサイトのみで使用できる仮想通貨とは何が違うのでしょうか?

実は全く違った生まれたものなのです。

ゲームや特定のサイトの仮想通貨は企業や組織単位で作られており、

利用者を囲い込む事によりゲームの運営会社やサイトの運営会社が利益を上げる目的で存在します。

しかしビットコインは、円やドルなど国家単位で運営されている通貨と同じく、

経済活動を円滑にするために生まれた通貨なのです。

ビットコインは世界中で日常生活に使えるようにする事が目標なのです。

最近ではビックカメラがビットコイン決済を導入したり、飲食店などでも導入され始めています。

仮想通貨なので紙幣や硬貨は存在しませんが、

パソコンやスマートフォンを財布代わりにして物の売買が行われます。

円やドルなどより送金手数料などの諸経費も安いなどのメリットがあります。

発展途上ではありますが利便性が高く、安定し、世界中で利用される次世代通貨を目指し作られたものです。

 

ビットコインと電子マネー

電子マネーとは?

仮想通貨と似たようなものに電子マネーがあります。

電子マネーとは、紙幣や硬貨を使用せず電子的に決済を行う手段です。

Suicaや楽天Edyなどがこの電子マネーです。

すでに日常的に浸透していますよね?

財布から小銭を出す手間がかからず非常に便利です。

ビットコインも電子マネーとして使える特徴もあります。

そもそも紙幣や硬貨が存在しない仮想通貨のため、

電子マネーとして使えることは当たり前なのです。

ビットコインは電子マネーなの?

現在電子マネーとして使われている物は、

国や地域で使われている紙幣をつかって電子的に決済するために使用されています。

例えば日本の場合、

円での支払いをスムーズに行うために紙幣や硬貨の代わりに電子マネーが使用されています。

利用者は円を電子マネー端末に入金します。

紙幣や硬貨を使用せず電子的に決済を行ってはいますが、

実際には円という通貨を使用していることに変わりはありません。

 

ビットコインは電子マネー端末に円を入金するという事はありません。

ビットコインを利用して商品やサービスを購入するには、

まず円という通貨をビットコインという通貨に両替しなくてはなりません。

円をビットコインに両替してはじめて、ビットコインでの支払いが可能になるのです。

両替がすんでしまったら一般的な電子マネーと使用方法は変わりません。

ビットコインでの支払いができるお店で、

電子的にビットコインでの決済を行います。

すると、自分の所有しているビットコインが減り、お店の所有しているビットコインが増えます。

 

円やドルと違って仮想ではありますが、ビットコインは通貨なのです。

電子マネーとは、紙幣や硬貨を使用しなくても決済できるようにする仕組みの事です。

 

仮想通貨=電子マネー

 

ではありません。

ビットコインを使うメリット

個人間での直接送金ができる

円やドルなどを送金する際には、銀行などを仲介する必要があります。

しかしビットコインの場合個人間で直接送金することが可能です。

また国境を越えて海外にも直接送金することができます。

手数料が格安

仲介する銀行などの組織が存在しないので、手数料が格安です。

個人間の少額な支払いの際、とても重要な特徴です。

そのため、少額の商品の売買が可能になり、ビジネスの利益率が向上されます。

ビットコインは最大のメリットである直接送金できるしくみのおかげで、

今までの手数料の概念を覆した決済を実現することができるようになりました。

制限がない

ビットコインを使用した決済や送金は銀行を仲介した決済ではないので手続きや制限が存在しません。

お金の流通が、自由に行えるようになりました。

また国によって円やドルなど通貨が異なると言ったこともないので、

ビットコインを使用すれば世界中どこでも同じ通貨を使用することができます。

現状ではビットコインを使用できるお店が少ないですが、

今後増えていくと世界中どこでもビットコインさえあればサービスや商品を購入することができるようになります。

最近ではビックカメラが全店ビットコイン決済を開始したり、

各仮想通貨取引所がビットコイン決済のサービスを始めたので今後増えていくでしょう。

ビットコインを使うデメリット

相場の変動が大きい

ビットコインの相場はかなり大きく変動します。

円やドルなどの通貨に比べその変動幅はかなり大きいです。

相場変動により損するかもしれませんが、得をするかもしれません。

これはメリットでもありデメリットでもあります。

決済できるサービスやお店が少ない

双方がビットコインによる支払いを受け付けていることが必須条件のため、

現状ではビットコイン決済ができるサービスやお店が少ないことがあげられます。

円やドルと違ってまだまだ普及の初期段階にあるビットコインにおいて、これは非常に大きな課題です。

しかし今後増えていく事が予想されますのでこちらは改善されていくでしょう。

パスワード漏えい

仮想通貨・暗号通貨であるビットコインはパスワード漏えいによる被害が発生する可能性があります。

オンラインバンクなどにもあるこういったリスクはあなた自身の注意が必要です。

 

パスワードの使いまわしや誕生日や名前など簡単なパスワードをしないようにして下さい。

また定期的にパスワードを変更するようにしましょう。

そんなビットコインの入手方法はこちらの記事をご覧ください

ビットコイン入手方法

2017.04.21

無料プレゼント♪

この記事を友達にもシェアする




最新情報配信中
LINE@友だち募集中♪

【再現性100%】登録するだけでノーリスクでビットコインが無限に増やせる方法をすぐにお受取頂けます♪

更に、仮想通貨の最新情報やその他投資情報、お得な情報をLine@限定配信中!!